お金の歴史の始まり

円高と円安のそれぞれのメリットは?

円高のメリットは、円高になると外貨を安く買う事ができて、同じ金額で通常よりも多く外貨を買う事ができるため海外旅行に格安で行く事ができます。
長い期間旅行したいと思っている方や高額な買い物を海外でしたいと考えてる方は円高の時に買う事をおすすめします。
その他に外国産の商品は円高になると価格が安くなりますので、経済的な負担が減る可能性が高くなり、輸入ビジネスをしている方だと通常より安く仕入れが可能になるため利益が通常より多くなるメリットがあります。
円安のメリットは、輸出する商品価格が下がったり、円安になる事で外国からの観光客が増えて、日本経済が活発になる事により、結果的に様々な形で国民に反映されて国民の生活が潤う事へ繋がります。

円高や円安はメリットばかりじゃない!?

円高のデメリットは、輸出ビジネスを行っている企業の業績が下がったり、円が高くなり、外国からの観光客が減るため日本経済に影響がでたりする事です。
その他に円高だと外国産の商品が安くなり、国内商品の値下げをしないと売れないため全体的に物価が下がってしまったり、円高になると株価が下がりやすくなってしまったりガソリンなどの燃料費の値上がりしたりします。
円安のデメリットは、輸入ビジネスを行っている方だと輸入品の価格が高くなるため利益が減ってしまったり、日本製品を製造する際に使用する海外製品の部品などのコストがかかり、日本製品の価格が高くなってしまいます。
円高や円安になる事でメリットも多いですが、多少なりともデメリットもあるという事を覚えておきましょう。


このコラムをシェアする